結婚を機に転職を考える薬剤師が多い

 女性が多い薬剤師は、結婚によって生活が大きく変わる時に転職を考える人も多いようです。パートナーが転勤族であれば同じ職場で働くことが難しくなりますし、逆に大手調剤薬局チェーンや国立病院などでは転勤も考えられます。
 家庭と仕事の両立や出産を考えている人はそれなりの準備も必要。今の職場で結婚後も働くのか、無理なく家庭と仕事を両立できる職場に移るのかなどといったことを考える薬剤師が多くなります。

結婚後の転職のタイミングはいつ?

 結婚後の転職のタイミングはさまざま。
 結婚後も今の職場で働き、妊娠や出産で育児休暇を取って職場復帰する場合は転職の必要はありませんが、家庭と仕事の両立が難しい場合は転職の考え時です。
 結婚後もそのまま働き、出産を機に退職して、育児がひと段落してからまた働き始めるという薬剤師も多く見られます。調剤薬局などパートで働きやすい職場も多く、育児と両立しやすいのがメリットです。
 また結婚のタイミングで、結婚・出産後も働きやすい職場に移るという方法も。家庭との両立もしやすく育児休暇をとった場合はブランクも少ないので復帰しやすくおすすめです。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!