薬剤師が産休を取得するメリットとは

 薬剤師が働く職場では産休を積極的にすすめて女性が長く働けるように支援する職場が増えています。企業が積極的に産休に取り組む事により出産で仕事を辞めることなく、慣れた職場に復帰することができます。そして職場に慣れ親しんだ人が復帰した場合教育をする必要がないので、コミュニケーションなどが取りやすくなり、双方にメリットがあります。

産休の取得を伝えるタイミングは?

 産休の取得を伝えるタイミングは妊娠経過にもよりますが、安定期に入った時点で上司に相談をすることをおすすめします。産休に関する事は他者からは聞きにくい話題です。そして会社側は産休中のあなたに代わる人材を探さなければなりません。慢性的に人手不足な職場で働いている人は、もっと早めに伝える方がよいかもしれません。
 
 お腹が大きくなってくると調剤などの立ち仕事が辛くなってきます。会社の都合だけでなく、体調とも相談しながら産休に入る時期を決めましょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!