薬剤師の転職する「目的」をはっきりさせよう

転職を考えるなら、まず「目的」を明らかに

 漠然とただ今の職場を辞めたいといった考えで転職を考えても、上手くは行きにくいものです。なんとなく辞めて、なんとなく次の職場に移っていると、転職を繰り返すことになってしまうケースが多く見られます。まずは、今の職場に何の不満があって、どのような希望があるから転職をするのか、はっきりとさせることが大切。転職は「目的」の達成のための「手段」であり、転職を「目的」と捉えないようにしましょう。転職では何か妥協点を見出すことが求められることもありますが、「目的」が見えてくれば、おのずと転職先にこだわりたいことの優先順位も見えてきます。

薬剤師として違う業種で働いてみたい

 今まで働いてきた職場とは違う業種の仕事に就きたい場合、薬剤師の転職として「目的」はわかりやすいです。薬剤師の勤務先の業種には、病院の薬剤部や調剤薬局、製薬会社の研究職や治験コーディネーター、ドラッグストアなどがあります。業種の違いだけではなく、勤務先の規模の違いによっても、担当する業務は大きく異なります。転職後にミスマッチとならないように、業種ごとの仕事の違いを理解し、自分に合った転職先を見つけましょう。

薬剤師としてのキャリアアップ

 キャリアアップを「目的」として、転職を考えるのであれば、勤務先の規模や業種などを変えることで、「目的」を達成しやすいです。例えば、小規模な調剤薬局で働いていて、管理薬剤師になるといったキャリアアップが望めない、といったケースでは、規模の大きな調剤薬局、またはドラッグストアチェーンへの転職が考えられます。あるいは、単科クリニックの前の門前薬局で働いていて、扱える薬の種類が限られているのであれば、総合病院の門前薬局に転職すると、職務上で扱う薬の種類は飛躍的に増えます。キャリアアップの方向性を考えて、実現に近づけそうな転職先を探しましょう。

プライベートを重視したい

 薬剤師では、勤務先によって残業や夜勤、休日出勤の有無が大きく変わります。転職の「目的」がプライベートを重視したいという場合には、比較的転職によってこれまでの不満が、解決しやすい傾向にあります。流行っている小児科の門前薬局のインフルエンザの流行時期、花粉症の時期の耳鼻科の門前薬局は、目のまわるような忙しさです。総合病院の薬剤部の勤務では、夜勤や休日出勤が生じる施設が多くあります。プライベートを重視したいのであれば、意外かもしれませんが、総合病院の門前薬局がおすすめです。総合病院は午前中の診療がメインであるため、午前は混み合っても、夕方は定時で帰りやすいところが大半です。土日休みにこだわらないのであれば、シフト制勤務のドラッグストアもシフトとおりの勤務がほとんどですので、プライベートにかける時間がとれます。
 何を「目的」として転職したいのかを明らかにすることで、後悔のない転職を実現しやすくなります。単に「今の職場が合わない」といった理由ではなく、何を「目的」に転職するのか、転職の行動を実際に起こす場合に、今一度自分を見つめ直してみましょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!