薬剤師の年収・働き方は・夜勤の有無について

常勤とパートでの年収の違い

 薬剤師は時給だけで見ると2000円~2500円くらいの募集が多く、他の業種に比べて高収入のイメージがあるかと思います。実際には週40時間の労働で常勤ならば年収400万~500万円、高いところで600万~700万円くらいと言われています。
 
 パート勤務の場合はボーナスが出ないのでその分50~100万円ほど少なくなるでしょう。多くの薬剤師が薬局・ドラッグストア・病院勤務であることから考えると常勤での年収は平均500万円前後からが多いのではないでしょうか。こうした年収は初任給としては高いほうであり、特に若い年代の人にとってはやりがいのある数字でしょう

薬剤師が高収入を目指すには

 薬剤師の給料は勤め先によって変わってきます。時給や初任給から高収入と考えられる薬剤師の仕事ですが、昇給に関してはシビアなところも多く、長く常勤の薬剤師として勤めていく場合に目標としたいのが「管理薬剤師」です。
 
 「管理薬剤師」となれば管理職手当が貰えるようになり、それまでの年収より100万円ほどアップします。またチェーン店のドラッグストアなどでは店長クラスになると700万円近い年収となる場合もあります。
 
 一番高収入が望めるのは製薬会社の研究職ですが、大学院卒など条件も厳しく狭き門です。一般的には薬剤師としての技術やスキルが生かせる薬局や病院での勤務を希望する人が多いのが現実です。また他の業種とは違い薬剤師の場合は地方で高待遇の傾向があります。薬剤師不足の影響から高時給高待遇での求人が多くなっています。

常勤の薬剤師の働き方は

 薬剤師の求人には常勤と非常勤(パート)での募集があります。常勤とは所定の労働時間働くことを指し、通常1日8時間の労働を週5日間、合計で週40時間勤務する場合が一般的です。
 
 非常勤の場合でもフルタイムで働く場合がありますが、家庭の事情などで働き方が比較的フレキシブルな非常勤に対し、常勤薬剤師は時に残業やクレーム対応など責任ある業務を任されることが多くあります。
 
 また常勤での勤務がほとんどである病院勤務の薬剤師の場合は病院の規模にもよりますが、当直も含めた交代制勤務である場合が多く、調剤だけでなく外来業務や病棟業務、病棟の服薬指導など多くの業務に関わります。専門的な知識の向上が欠かせない場合もあり、薬剤師としてのやりがいやスキルアップが望める職場です。

病院勤務の常勤薬剤師に夜勤はつきものか

 夜間救急病院や夜間・休日診療所に併設されている薬局では薬剤師も24時間対応しなければなりません。転職を考える薬剤師の中には、やりがいのある病院での常勤を望みつつ、生活が不規則となるシフト制や当直の負担から断念する人もいるようです。
 
 夜勤の薬剤師には1回2万を超えるような非常に高額な手当てが支払われます。そのため日勤と組み合わせると年収も600万を超える高収入も可能です。しかしながら最近は多くの病院で薬剤師は日勤のみの募集が行われるようになってきています。その代わり夜勤に非常勤のアルバイトを募集するケースや夜勤専門の派遣スタッフなどが増えているのです。24時間営業のドラッグストアなどでもそうした傾向は見られており、短期間で収入を得たい人や就活中の薬剤師などに受け入れられています。
 ひとえに「常勤」と言っても調剤薬局やドラッグストア勤務なのか病院勤務なのかによって働き方にも違いがあります。また薬剤師の人数が少ない職場では常勤の薬剤師は休み難いといった事もあり、結婚して家庭を持つようになると非常勤としての働き方を選ぶ場合が多いようです。現在薬剤師3人に1人は非常勤とも言われています。自分のライフスタイルにあわせた働き方が選びやすいのは薬剤師ならではです。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!