知らなきゃ損する薬剤師の年収アップ方法とは

高年収の求人で気をつけたいこと

 まずは管理薬剤師としての年収アップを考えていきます。管理薬剤師は、所属する薬局や店舗での医薬品の管理と、従業員の管理をしていくいわば管理職です。そこで年収も一般薬剤師と比べると好条件が出されていることが多いのですが、ここで気をつけなければいけないのが、残業代がきちんと支払われるかということです。管理者ということで管理職に残業代は支払わなくてよいという解釈になることがあります。そういった場合、いくら額面の年収がよいとしても、シフトで休みがきちんと取れない、残業時間がとにかく長い、休日出勤も当たり前ということになりかねません。そうなってしまった場合は、就業時間と年収で考えた時に、実態として年収アップにつながらないということになってしまう上に、休みが取れないことからストレスにつながったり、体調を崩してしまったりということになってしまうかもしれません。
 
 これは一般薬剤師にも当てはまります。もちろん管理者ではないので残業代は支払われますが、例えばみなし残業という制度もあります。この場合は、月収に予め月の残業代が含まれているものです。というとしっかりと支払われている印象がありますが、つまりはそれを超えた分は払わないという意味です。その場合、一概には言えませんが多くの時間外勤務や休日出勤が求められることも少なくありません。そうなってしまうと、やはり額面と実態の釣り合いがとれなくなってしまうかもしれないですね。
 
 ですので、ただ年収を見るだけではなく、手当がしっかりと付くのか、可能であればどのくらい残業や休日出勤があるのかを調べて、その対価として年収がふさわしいのかをしっかりと吟味していくといいでしょう。

納得できる職場の見極め方

 まずは年収だけでなく働きやすさ、そして見合った対価が支払われているかということを確認していく必要があります。全てを疑ってかかる必要はありませんが、高い年収が提示されている場合は、なぜそうなのかを考えるといいでしょう。時間外手当が含まれているかもしれませんし、離職率が高いからかもしれませんし、処方箋の数がとにかく多くて忙しいのかもしれません。または売り上げアップが求められていたり、高度な知識や経験が必要だから好条件が提示されているのかもしれません。
 
 いずれにしても、採用する側の状況をよく調べていくことが大切です。とは言えその職場に知り合いがいれば、直接聞くことができますが、そうでない場合は難しくなります。そういった場合は転職サイトやエージェントを通して情報を集めることも有効な方法です。
 いかがだったでしょうか。ただ年収だけを見てしまうと思わぬ落とし穴がありましたね。職場の実態をよく見極め、年収もそして働き方も納得ができるような職場が見つかるように勤務条件や、就労条件、実際の勤務の様子を調べて納得のいく職場が見つけられるといいですね。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!