ママになっても活躍できる薬剤師の育児休暇とは

そもそも育児休暇制度ってどうなっているの?

 産休は労働基準法で定められたもので、産前6週間、産後は生後8週間取れるものを言います。そして育児休暇は生後一年まで取得を認められているものです。
 
 しかしこの育児休暇を取得するには、条件があります。1年以上継続して雇用されていたこと、子どもが満1歳を超えて引き続き雇用が見込まれること、そして育児休暇終了後1年以上雇用が見込まれることというものです。つまり、育児休暇に入る時に一年以上勤めていなかったり、契約社員で育児休暇後に半年程度で契約が終了すると会社側が決めていたりする場合は、育児休暇が取得できないということになります。
 
 正社員で勤続年数が1年を超えていれば、多くの場合この条件に当てはまり権利を行使できます。しかし実際は、小規模な所であったり、雇用者が理解を示してくれなかったりと取りづらいというケースもあります。

育児休暇制度が取りやすい職場とは

 では、育児休暇の取得を目的として職場を選ぶことを考えたときに、どのような職場が取得しやすいのでしょうか。
 
 まず断然取りやすいのが、 公務員です。公務員の薬剤師というのは、国公立、都道府県の病院、市町村に所属する場合になります。公務員は育児休暇の制度はしっかりと整っていて、実績ももちろんありますので、周囲のサポートも手厚くしっかりと休暇を取ることができます。
 
 続いて大手企業も取得しやすくなっています。経営基盤がしっかりとしているということに加えて、女性が働きやすい会社であったり、子育てを応援していたりという社会的なイメージも重視するので取得状況はかなりいいです。また周囲に育児休暇を取った先輩がいたり、ママ薬剤師がいたりすると子どもが熱を出した、保育園の行事があるといった状況も分かってもらいやすく安心です。
 
 そして、大手でなくても育児休暇制度をとった先輩社員がいる職場も休暇が取りやすいものです。これはなかなか調べても難しいので、直接企業に聞いてみてもいいですし、求人情報を調べたり、転職エージェントに聞いてみたりすると分かります。

知っておくと便利な育児休暇制度

 最後に育児休暇制度を取得したら、最大限に活用するためのポイントをお伝えします。育児休暇は母親が取ることが大多数なのですが、父親も申請ができます。
 
 そして気をつけたいのが、育児休暇中は、会社は給与の支払い義務がありません。それを補填する制度が育児休業給付金です。こちらは雇用保険から1年間給付されますので、しっかりと申請をしましょう。
 
 また復帰後も時短勤務制度を申請できたり、子どもの看護休暇を取得することもできます。賢く制度を利用して、育児も薬剤師もやっていけるといいですよね。
 育児休暇制度は取得が認められているとは言え、やはり現実問題として取得できなかったり思ったように復帰できなかったりと壁があります。薬剤師としても母親としても活躍するためにはやはり事前に取得実績を調査しておくことが重要です。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!