薬剤師の転職で目指せ年収100万円アップ

なぜ、同じ薬剤師なのに給料に差がでるのか?

 薬剤師は職業としては安定しています。薬剤師の就職先としては、病院や調剤薬局や製薬会社などがあげられます。職場の規模や立地、顧客層などの要因により経営状態が異なるため、そこで働く薬剤師の待遇も職場ごとに異なります。
 
 大学の薬学部で6年間学び、難関な薬剤師の国家試験を取得してきた薬剤師は、職場に関しては情報が少ないまま最初の就職を行うことが大半です。大学卒業後、就職した時点での手取り金額は、ほぼ25万円前後とほぼ横並びですが、数年すぎると職場ごとに給料の上がり方に差が出てきます。運良く、希望通りの職場に勤めることができ、かつ長く勤めても満足いく職場であれば問題はないのですが、ミスマッチを起こすことも十分考えられます。
 
 薬剤師としてすでに活躍している人が、転職を考える主な動機としては、「収入をもっとアップしたい」・「職場環境に不満がある」・「結婚や介護等の要因で転居する必要がある」・「キャリアアップ・スキルアップしたい」等があげられます。自分が転職を考える強い動機があるかどうか、客観的に説明できるようにしておきましょう。

転職を成功させるためにはまずスキルアップ

 苦労して薬剤師になったのに、給料がなかなか上がらないと感じている薬剤師は少なくありません。薬剤師として経験を積むうちに、自分の能力や実力を把握しています。今の職場の待遇が、自分の価値に合っていないと判断したときに、転職を検討することになります。逆に、自分のスキルが高くないのに、高収入を要求するのは難しいです。
 
 会社としては、利益を生み出してくれる人、会社の価値を高めてくれる人に対しては、高給を持って報いようとしますが、利益を出せない人に高い給料は払いません。収入アップを狙う転職においては、高い給料に見合うスキルを身につけているかどうかが、具体的に転職先に示せる必要があります。スキルがあるのにも関わらず、平均よりも低く抑えられている職場に勤めている場合は、転職によって大幅な年収アップを手に入れる可能性があります。

転職先で長く勤められるか

 一般の職業でも、転職を繰り返す人の大半は、転職するたびに収入が減っていく傾向があります。これは、雇う側としては、雇った人がすぐに辞めてしまった場合、新たに求人を出さなければならないことや、辞めた人の穴を埋めなければならないため、会社の利益を損なう結果になります。会社は、優秀な人材はできるだけ長く勤めてもらいたいと考えます。これは薬剤師にも当てはまることです。
 
 転職を考える際は、転職先で長く勤めることができるか、ということをよく考慮した方がいいでしょう。給料だけでなく、家から職場までの距離、勤務時間や残業の有無など、自分がどのように働きたいか、ということを考える必要があります。

転職先でのミスマッチを防ぐ

 転職を考えている人は、現在の職場が自分と合っていないと考えているわけです。そのため、転職先でのミスマッチはできるだけ防がなくてはなりません。転職先を探す際は、自分の人脈や、求人広告等を見る場合がありますが、これでは転職先の情報が少なく、思わぬ失敗を招きかねません。転職に失敗したと感じ、転職活動を繰り返した場合、以前よりも良い条件の職場を得るのは困難になってきます。
 
 薬剤師の場合、専門の転職支援サイトがいくつかありますので、転職を考えている人はまず最新の情報をまず収集しましょう。また、自分のスキルを客観的に判断し、最適と思われる職場を紹介してくれる専門のコンサルタントやアドバイザーを利用するのも手です。薬剤師の資格が生かせる職場は、自分が思っているよりも多くあります。収入アップだけでなく、職場までの距離、勤務体系など、さまざまな要素を考え、自分にとって最適な職場を見つけていきましょう。
 転職によって年収を上げたいという人は、できるだけ具体的に自分の能力・スキルを説明し、収入を上げたい根拠などを相手に伝える必要があります。転職先の情報収集や、自分の能力を客観的に判断して、最適な職場にマッチングしてくれる、薬剤師専門のコンサルタントやアドバイザーを上手に活用し、失敗の無い転職を勝ち取りましょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!