アルバイトから正社員へ、薬剤師の働き方

薬剤師の働き方

 大学の薬学部、薬科大学に入学し、難関の国家資格を取得した薬剤師の就職先は、病院、薬局、製薬会社、ドラッグストアなど多岐に渡ります。また、アルバイト・パート、派遣社員、正社員など、働き方も他の業種に比べて選びやすいのが特徴です。
 
 医薬分業が進められ、薬剤師不足の現状においては、働く人の売り手市場といえます。薬剤師の資格は、自身のライフスタイルに合わせて職場や働き方を選ぶことができる強力な武器となっています。

アルバイト・パートのメリット・デメリット

 アルバイト・パートは、職場や働く時間帯を自由に選べるというメリットがあります。アルバイトの薬剤師の平均時給は2000円〜3000円程度と、高い水準にあります。子育てや介護等で時間の制約がある人や、海外留学や資格試験の勉強など、働く以外に優先したいことがある場合、転勤をしたくないという人は、制約の少ないアルバイト・パートが有利です。デメリットとしては、継続して仕事につくのが難しいことや、会社の福利厚生が受けられないことが多い点があげられます。
 
 派遣社員の場合は、アルバイトよりも給料が高く、正社員よりも時間の希望が通りやすいというメリットがあります。他の派遣業種と違い、派遣社員であっても会社の福利厚生が受けられることが多いです。デメリットとしては、派遣期間が短期間であることが多いため、相手が合意しなければ仕事先を続けることができず、他の仕事先に移動することがあります。派遣先によっては通勤距離があり、交通費が出ないこともあります。

正社員のメリット・デメリット

 正社員の薬剤師のメリットは、雇用期間の限定がなく、雇用が安定していることがあげられます。毎月の給料に加え、賞与が出ます。年収で比較した場合、アルバイト・パートや派遣社員よりも高くなることが多いです。また、通勤のための交通費や、会社によっては住宅手当や地方手当などの各種手当、さらに福利厚生を受けることができます。
 
 仕事としても、アルバイトではできない業務を任されることが多く、昇進もあるので、やりがいがあります。
 
 デメリットとしては、個人薬局は別として、企業や全国チェーンの薬局、ドラッグストアなどに就職した場合などでは、転勤や異動が発生する可能性があります。また、正社員の場合、時間的な制約が大きく、職場や業務によっては、残業や休日出勤等もあります。

薬剤師がアルバイトから正社員になるには

 ライフスタイルの変化によって、アルバイト・パートから正社員になりたいという希望を持つ人は少なくありません。アルバイト・パートの薬剤師が正社員になるケースとしては、仕事先で正社員として登用される、他の仕事先で正社員として雇用される、の2パターンが考えられます。
 
 アルバイトから正社員への登用が可能な薬局や会社は少なくありませんので、将来的に正社員を目指したいと考えている人は、アルバイト先を選ぶ基準に、正社員登用があるかどうかを考慮するといいでしょう。
 
 他の仕事先を探す場合は、転職活動をすることになります。自分の人脈や求人広告などを見て応募する方法もありますが、自身のスキルを客観的に評価し、希望の勤務地や勤務体系、給料などに沿ったマッチングを行うために、薬剤師専門の転職コンサルタントやエージェントを利用するという方法があります。
 ライフスタイルの変化などにより、アルバイトから正社員へ、またその逆へと働き方を変える薬剤師は少なくありません。アルバイトと正社員ではそれぞれのメリット、デメリットがあります。収入だけでなく、自分のライフタイルや優先順位が何かということを考えて、働き方を考えていきましょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!