薬剤師が転職活動を始める前に押さえておきたい3つのステップ

辞めるか続けるか転職活動のスケジュール

 薬剤師の転職活動で最初の一歩は求人広告を見て自分に合った求人を探すことだと思っていませんか。実は、求人探しというのは転職活動の後半の段階で訪れるステップです。まずは、転職活動の計画を立てましょう。
 今後の薬剤師の転職活動を大きく左右するのが、職場を辞めて転職活動に専念するか、それとも職場で働きながら転職活動を進めていくかの選択です。退職してから転職活動をするのであれば、短期間で集中的に「求人探し・応募・面接・転職」のプロセスを進めることができます。一時的に収入が無くなるのはネックですが、この場合最短で転職できるのが利点です。
 
 その一方で、働きながら転職活動をする場合は同様のプロセスに数倍の時間がかかってしまいます。特に、内定を貰ってからの退職となると、薬剤師の場合は後任への引き継ぎに他の職種より時間がかかってしまうことが多いです。転職活動を始めてから、実際の転職までにかかる時間は最低でも2,3ヶ月以上は見積もった方が良いでしょう。
 
 辞めるか続けるか、どちらの選択をするかによって、今後の転職活動のスケジュールは大きく変わります。

忘れられがちな自己分析、転職理由を突き詰める

 スケジュールが立ったからと言って、すぐに求人を見るのはまだ早いです。現段階で自分に合った求人というのがどんなものなのか、本当に把握できているでしょうか。次のステップで必要になるのは自己分析です。自分が何故今の職場を辞めるのか、辞めて何がしたいのか、どんなキャリアパスを描いているのかについて考えていきましょう。
 
 実は、これは自分にあった職場見つけるために有益というだけではなくて、面接対策にもなります。もし、退職理由が人間関係や仕事上のトラブルだった場合、それらの理由は面接時にマイナスの印象を与えます。
 
 「自身のキャリアアップのため」や「役に立つ仕事がしたい」のようなポジティブな印象を与えられるような動機が無いか、自分自身に問いかけてみると良いでしょう。

求人探し、一人で探すか二人で探すか

 自己分析ができたなら、ついに求人を探すステップが来ます。自己分析を経て、既に自分に合った職場というのがどういうものなのか朧気ながら形が見えているはずです。また、この時転職エージェントを利用するかどうかについても一考しておきましょう。
 
 一人で転職活動をするのも良いですが、薬剤師の転職活動の場合、転職支援サイトなどを利用すると無料で薬剤師専門の転職コンサルタントがついてくれるケースが多いです。
 
 コンサルタントは薬剤師の転職活動に有益な情報を持っているので、自身の転職計画や自己分析の内容を共有し、適切なアドバイスを得られれば今後の転職活動がスムーズに進みます。
 このように、転職活動というのは決して簡単なことではありません。どこでも良いから今と違う所で働きたいからと安易に転職活動をすると、思わぬ落とし穴にはまってしまいます。
 
 より良い職場を見つけるために、スケジュールを立て、自己分析を行い、必要に応じてコンサルタントを利用しながら無駄なく計画的に転職活動を始めましょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!