転職回数が多い薬剤師って……気になる採用側の本音とは

もちろん少ない方がいい転職の回数

 平均在職年数が3年程度といわれる薬剤師の場合、転職は一般的なものであり、転職歴があることがすぐにマイナス評価につながるわけではありません。しかし、雇用者側としては転職回数の多い人に警戒心を抱きがちであり、同じ条件で転職回数が少ないライバルと就職枠を争う場合には、不利になるケースも考えられます。
 
 雇用者としては、新しく雇い入れる従業員に定着を求めているのが普通です。できるだけ長く勤めてもらえる人材を求めているのですから、数年でまた転職してしまうことが予想されるなら採用を見送ってしまうかもしれません。
 
 つまり、転職回数が問題なのではなく、長く働く気があるかどうかを重視するということなのです。既に転職を重ねている人は、面接の時に「すぐにやめてしまうのでは」と思われないようにしなければなりません。回数や過去の転職理由について尋ねられた時、しっかりと説明できるように、受け答えの内容を考えておくようにしてください。

転職回数が多くても問題視されないのはどんな時か

 回数が重なっていても、転職の理由が妥当なものだと判断されれば、その転職はカウントから外されることになります。
 
 女性に多い、結婚のタイミングや出産による退職は、必要であったと考えられるために、まず問題視されることのない転職理由です。また、転職に明らかな職業的理由が伴っており、専門性が増していることなどがわかれば、特に説明することなく理解してもらえると言えるでしょう。
 
 また、ヘッドハンティングによる転職の場合は、能力を買われて新しい職場に移動しているということで、むしろ高評価につながることもあります。優れた技術を持っている人や、高い専門性を身につけている人に関しては、転職回数そのものがネックになることはありません。
 
 マイナスにならないようにと履歴書に嘘を書くことは解決にならず、むしろ悪い結果を招いてしまうので避け、コンサルタントなどには正直に転職理由を説明するようにしましょう。転職回数をリセットすることはできませんが、直近の勤続年数が長ければ、それ以前の履歴については問題とならないことがほとんどです。若い頃になんとなく転職を繰り返してしまったけれど、その後に落ち着いて1カ所で長く働いていたのであれば、次回の転職時はそれほど回数を気にすることはありません。

今の転職は将来につながっていると考えよう

 転職回数は増えることはあっても、減ることはない。この点は変えようのない事実として、しっかりと見据えた上で今後の転職活動を計画する必要があります。将来がどう変わっていくのかは誰にもわかりませんが、いつか再び転職したいという気持ちがでてくるかもしれません。
 
 その時に、今回の転職についてどのように説明するのかを、頭の中でシミュレーションしてみましょう。現在の状況を再確認することもでき、面接の予行演習としても役立ちます。
 
 また、薬剤師の仕事場は数々あれど、どこかでつながっている狭い世界だともいえます。噂話は意外と遠くにまで広がっていくものですから、後々のことを考えて行動するように注意が必要です。退職する時にトラブルにならないように、円満に転職できるよう引き継ぎをすませましょう。
 転職の回数はできれば多くても3回程度にというのが一般的な考え方ですが、薬剤師の場合は少し多めでもネックになりづらいという特徴があります。もちろん、20代か40代かでも評価は変わるのでいちがいには言い切れませんが、たとえ回数が多くても、今後しっかりしたビジョンを示せるのであれば、問題なく採用に至るケースも多いのです。自信を持って面接に臨み、働く意欲を示しましょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!