薬剤師が転職エージェントを利用するメリットとは

幅広く多くの求人情報を持っています

 転職エージェントは、ハローワークや求人誌に比べて、より多くの求人案件情報を持っており、比較的規模の小さい調剤薬局から、ドラッグストアチェーン、病院、製薬企業など求人先はさまざまです。エージェントを通してしか見ることができない非公開求人もあります。例えば製薬企業の管理薬剤師など募集自体が少なくて人気がある求人を、エージェントを通して知ることができたりします。また、自分で転職先の情報を探す手間を減らせますので、効率のよい転職活動が可能です。転職エージェントに登録して利用することで、数多くの求人案件に触れるチャンスが生まれるのです。

条件交渉を依頼できる

 転職活動が進み、採用の方向に決まった際には、給与額や勤務時間、入社日などの条件を詰めなくてはなりません。募集要項に記載された給与額に幅がある場合、これまでの経験や年齢をもとに、面接を経て給与額が提示されます。求人企業の提示と自分の希望する給与額の差によっては、キャリアコンサルタントが間に入ることで、折り合いがつくことがあります。また入社日の調整など、転職に関わるさまざまな調整も、エージェントに依頼して代行してもらうことができます。

求人企業の業務内容を把握できる

 薬剤師が自分で転職活動を行った場合、これまでの経験をもとに、限られた知識で転職先を探すことになります。調剤薬局から、病院やドラッグストアへの転職を考えたとき、実態がわからないまま応募しなければならないこともよく見られます。または業務内容がわからないために求職の幅が広げられないこともあるかもしれません。転職エージェントを利用すると、一般的な病院やドラッグストア、調剤薬局の業務内容から、求人のある案件ごとの細かな業務内容まで、聞くことができます。

応募する企業や職種の提案が受けられる

 転職エージェントでは、求職者とカウンセリングを行い、現在の職場に対する不満や転職先への要望をヒアリングし、求職者それぞれに合った企業を紹介します。キャリアコンサルタントは、求職者の要望をもとに、本人の当初の想定とは別の選択肢も提案するなど、幅広い視点に立って、より希望に添った働き方を一緒に探します。また、求職者のスキルを考慮し、キャリアアップにつながる転職の提案も受けられます。今回の転職だけではなく、先を見据えて、どのような働き方をしたいかを含めて相談してみましょう。薬剤師に専門性のある転職エージェントを選択し利用することでより詳しい情報が得られます。

キャリアチェンジがしやすい

 薬剤師の転職先には、臨床開発モニターや治験コーディネーター、製薬企業等のMRといった薬剤師の資格を生かせる仕事もあります。しかし、未経験の分野に応募することは、転職者にとって負担の大きいものです。そういう時は転職エージェントを利用することで、未経験での応募に好意的な求職企業に応募できますし、面接のアドバイス等も受けることができます。スキル生かしてキャリアチェンジを図るためにも、転職エージェントの利用は有効です。
 このように転職エージェントを利用するメリットはさまざまあります。転職エージェントのサポートを受けることで、理想とする転職に近づきやすくなりますが、利用する場合はなにより自分が希望する働き方をよく考えた上で相談しましょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!