薬剤師は要必見!転職理由はポジティブが基本

転職活動ではポジティブな転職理由が鉄則

 転職志望者が面接の際に聞かれることが多いのが、転職理由です。既に勤務先を辞めていれば、「なぜ、前職を辞めたのか」、働きながら転職活動をしていると、「どうして、転職したいと思ったのか」と聞かれがちです。
 
 ここで、「人間関係が悪い」、「薬剤師としての仕事以外の雑務が多い」といったようなネガティブな理由が本音であったとしても、そのままストレートに口に出してはいけません。特に人間関係は相性の問題もあり、働いてみなければわからないものです。新しい職場でも同じことが起こる可能性があり、転職理由に挙げるのはおすすめできません。採用担当者に、単なる愚痴と思われかねず、転職理由としてはふさわしくないのです。
 
 転職活動では、たとえネガティブな転職理由であっても、ポジティブな内容に言い換えて話すのが鉄則です。

「スキルアップしたい」は転職理由の鉄板

 使いやすい転職理由に、「スキルアップしたい」や「仕事の幅を広げたい」といったことがあります。
 
 例えば、単科クリニックの門前クリニックから総合病院の門前クリニックへの転職、調剤薬局から病院への転職といった例が挙げられます。総合病院の門前クリニックでは、扱う医薬品の種類が増えますので、相応の薬学の知識が必要です。病院では内服薬以外にも、注射薬や点滴約の処方、入院患者への服薬指導といった業務もあります。
 
 スキルアップにつながる転職理由が見いだせる転職となりそうであれば、理由に活用していきましょう。

「専門性を高めたい」という言い方に

 ドラッグストアや事務スタッフのいない小規模の調剤薬局では、薬剤師としての業務以外の雑務が、仕事量の大きなウェイトを占めることがあります。
 
 しかし、雑務をやりたくないからと転職を決断した場合には、「雑務をやりたくない」ではなく、「専門性を高めたい」という言葉を使うようにしましょう。例えば、雑務をさほど担当しないでよいと考えられる規模の大きな調剤薬局への転職では、「幅広い業務に触れる機会を得ましたが、薬剤師の職務に専念し、専門性を高めたいと思うようになりました」といったように話すと、ポジティブな理由になります。

「残業が多い」は話し方次第

 転職理由として、「残業が多い」という理由を挙げる人は多くいます。
 
 残業が理由で転職を考えているときには、話し方次第で採用担当者の印象は大きく変わります。ほとんど残業がない求人であっても、たまに残業が生じたときに、快く引き受ける人を企業は求めています。
 
 ただ単に、「残業続きで疲れたので辞めました」と話すのでは、ネガティブな理由です。例えば、「週〇時間にも及ぶ残業で、業務の改善を図るなど最善は尽くしたけど、状況が変わらないので、転職を考えました」といったように、明らかに過度の残業で、改善の努力をしたことが認められる内容であれば、転職理由として話してもよいでしょう。
 転職理由は、志望動機につながるもので、面接において重要なウェイトを占めます。「何のために辞めて、どう働きたいと考えているのか」、一貫したストーリー性のあるポジティブな理由となるように、準備しておきましょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!