キャリアとして評価されにくい新卒1年未満の薬剤師の転職

やる気をアピール!スキルは評価されない傾向

 新卒で務めた職場を1年以内で辞めた場合、採用担当者に、実務経験があるとは判断されない場合が多く、新卒と同程度と受け取られます。むしろ、すぐに仕事を辞めている、あるいは、辞めたいと考えていることから、働く気があるのか疑われがちな分、マイナスかもしれません。
 
 3年以上実務経験を積んでいるような転職志望者と同じ土俵で戦うのは無理があります。面接では、就労意欲があり、仕事に必要なスキルを積極的に身に付けていく姿勢、柔軟に取り組む謙虚な姿勢をアピールすることが大切です

チャレンジしやすい求人に応募しよう

 入職1年未満での転職は不利ですので、大規模な病院の薬剤部のような人気がある求人に応募して採用されることは、難しいということを理解しておきましょう。
 
 製薬会社の薬剤師の求人は、新卒採用が多くを占めています。まずは、未経験者でも採用される求人案件に応募し、社会人としての実績と薬剤師としての業務経験を積むことが大切です。
 
 大手調剤薬局チェーンでは、調剤業務未経験者に対する教育システムが充実しています。ドラッグストアでは慢性的な人手不足であり、薬局勤務でない場合は薬に関係のない業務が入ることもあります。
 
 新卒1年未満の転職では、やりたいことを探すよりも、転職できるところへ応募する方向とすることが現実的です。企業に就職し実務経験を積んで、スキルを身に付けていくことで、次の転職では本当にやりたいことを目指しやすくなります。

必ず聞かれる1年未満で辞めた理由

 面接で必ず聞かれるのが、1年以内で辞めた理由です。面接では、「1年で辞めるなんて早過ぎる」といったような、否定的な言葉を投げかけられる可能性もありますので、覚悟して臨みましょう。
 
 連日に及ぶ残業による激務や、新卒で教育体制が整ってないにも関わらず、1人薬局に配置されたことなど、やむを得ないと判断される理由もあります。職場の人間関係を理由として挙げることは、人間関係は相性の問題もありますので、避けた方が賢明です。自社で雇ってもすぐに辞めるのではと思われやすい理由です。
 
 新卒1年未満の転職では、どんな理由で辞めたにせよ、またすぐに辞める人間だとは思われないようにすることが大切です。

「辞めない」ことも選択肢に

 新卒で入社後1年未満の転職は、新卒と比べても、3年以上の実務経験者と比べても、圧倒的に不利です。
 
 辞めたいと思ったときには、今の職場を辞めて、他の職場に就くことで、辞めたいと思うに至った理由が解決するのか、今一度、考えてみましょう。なんとなく漠然と辞めたいと考えているのであれば、次の仕事も上手くは行きにくいでものです。
 
 辞めずに3年ほどは実務経験を積んでいくのは、一つの選択肢です。できれば、仕事を辞めずに転職活動を始め、転職の難しさを感じてから、仕事を辞めるか続けるか、判断するとよいでしょう。
 新卒1年未満の転職は不利だということを理解しておきましょう。新卒1年未満では、仕事を選べる立場にはなりづらく、積極的な薬剤師の採用を行っている会社の中から、採用された会社で実務経験を積むという覚悟が必要です。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!