第二新卒の薬剤師でも転職は難しくない

薬剤師の第二新卒を受け入れる業界

 新卒は就職して3年働かなければ転職先は見つからない。そう言われていた時代もありました。しかし、医薬品の市場拡大とそれにともなう人手不足に加え、労働環境の整備に関心が集まるにつれて状況は変わりつつあります。特に人材不足の激しい調剤薬局やドラッグストア、そして医療用医薬品の技術進歩が著しい製薬会社。この3つの中には、第二新卒を集中的に採用しているところもあるほどです。
 
 まず、調剤薬局では医薬分業が進むにつれて調剤薬局の数が増え、さらに高齢化によって医薬品を利用する患者が増えたために人手不足が深刻化しています。ドラッグストアでは医薬品以外にも、日用品など扱う商品の幅を増やしたことで店舗数が飛躍的に増え、店舗数に応じた薬剤師を必要としているのです。また、製薬会社では医療用医薬品の効果が上がるにつれて副作用も大きくなり、薬剤に詳しいMRが必要とされています。
 
 各々調剤業務であったり、OTC販売であったり、MRと業務内容は大きく異なりますが、第二新卒を雇うことには各社とも大きなメリットがあるのです

第二新卒を雇う企業側のメリット

 新卒一斉採用が慣例化している日本ですが、新卒の研修や教育には多額の費用がかかります。しかし、第二新卒であれば、その研修や教育のプロセスを省いて費用を浮かせることができます。
 
 薬剤師とはいえ社会人ですので、まず新卒には社会人としての最低限のマナーを学ばせることになります。これは当然、第二新卒であればある程度備わっているスキルなので、よくある新卒一斉研修などは必要無くなります。社会人のマナーがあるとはいえ、薬剤師の業務としてはたった一年では即戦力としては使えません。薬剤師としての教育は必要になります。したがって、入社した第二新卒は先輩社員の下に付けて実際の業務を学ばせながら働かせることになります。

面接時に分かる第二新卒の素質

 第二新卒は既にある程度業界のことを理解している立場にありますので、面接時にその理解度を量ることができます。第二新卒の薬剤師が1年間の労働で何を学び、何を理解したのか、そして転職をすることで何を得ようとしているのか。こういったことを企業側が面接から読み解くことができできれば、第二新卒の素質を把握できるようになるのです。
 
 新卒の能力は学業の成績からしか量れませんが、第二新卒はその業界で得た経験でその能力を量ることができます。こういったことを理解している企業は、第二新卒を優先的に採用し、面接でその企業にあった薬剤師を選ぶことができるようになります。
 入社してすぐ辞めると言うのは良くないことのように思われて躊躇することもあるかもしれません。しかし、実際にはたくさんの第二新卒の薬剤師が転職活動を行い、無事転職先を見つけることができています。
 
 それでも不安があるのであれば、無料のコンサルタントに相談してみるのも良いですし、転職に成功した生の声というのを聞いてみるもよいでしょう。
 
 強い動機を持って、先を見据えた転職活動を行うならば、3年という枠にとらわれず転職に踏み切るのも十分ありえることです。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!