出産・育児を経て働きやすい薬剤師の転職先

結婚後の人生設計で転職先を考えよう

 結婚をした後も薬剤師として働き続ける場合、将来的に子育て中もフルタイムで働き続けたいか、仕事のペースを落として家庭を重視したいかによって、転職先を選ぶ基準が異なります。結婚後に出産を経た後もフルタイムで働き続けたいと考えるのであれば、産休・育休をとりやすい職場へ転職しておきましょう。産休や育休は法律で守られた権利とはいえ、取得した実績のない職場では、産休や育休明けに復帰したときに人間関係がギクシャクしがちです。気持ちよく働き続けるためには、産休や育休を取ることに理解のある職場の方が働きやすくなります。結婚後にどのような生活を送りたいか、転職エージェントに伝えて、転職先の提案をしてもらうことも検討しましょう。転職エージェントを利用すると、産休や育休の取得実績が事前にわかるケースもあります。

産休や育休を取りやすい職場とは

 大手チェーンの調剤薬局やドラッグストアでは、店舗間で人材を動かしやすいため、産休や育休が取りやすい傾向となっています。ただし、ドラッグストアではシフト制での勤務となることが多く、土日の出勤もあります。保育園に預けるのが難しい日曜日にも子どもを見る人がいるのであれば、選択肢に含めてもいいでしょう。また夫が土日休みの場合、夫婦の休日が合わず、コミュニケーションが取りにくくなるという問題が生じがちですので、パートナーと相談しておく必要があります。
 
 また、大規模な病院も、薬剤部に所属する薬剤師の数が多いため、産休や育休が取りやすい傾向です。夜勤があるというデメリットはありますが、病院によっては院内保育が24時間対応となっており、薬剤師の育児もサポートしています。ただし、そうした福利厚生の充実した大規模病院は人気が高いのが実情です。反対に、規模の小さな調剤薬局や、薬剤師の人数が少ない病院では産休・育休は取りづらい傾向にあります。

働き方を調整したいなら、調剤薬局

 結婚を機に仕事の時間を調整したいと考えるのであれば、調剤薬局がおすすめです。調剤薬局はほとんど夜勤がありません。土曜日の出勤は半日~1日ありますが、日曜日は休める薬局が多くを占めます。特に総合病院の門前薬局は、主に午前中に外来の患者が訪れることから昼頃までが忙しく、残業は少ない傾向にあります。フルタイムではなく、扶養内でのパート勤務といった働き方も調剤薬局の求人にみられます。大手の調剤薬局チェーンによっては、出産まではフルタイムで働き、復帰後にパート勤務に切り替えることも可能です。ドラッグストアもパート勤務の募集はありますが、土日で最低限どちらかの出勤を求められるケースが大半ですので、交渉次第でしょう。
 薬剤師は勤務先によって、勤務時間が大きく異なる仕事です。結婚後のライフスタイルや人生設計について、転職前に夫とよく話し合うことが大切です。ただし、薬剤師は、ブランクがあっても比較的復職しやすい職種ですので、出産や育児で働き続けることに無理が生じてきたときは、いったん仕事を辞めることも考えてみましょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!