キャリアアップにつながる薬剤師の転職活動

薬剤師がキャリアアップするために必要なこと

 薬剤師と言うのは技術職であり、スキルとともにキャリアを重ねていくものですが、そのキャリアアップには複数回に渡って転職することが大切です。
 
 薬剤師は医薬品を扱う職業ですが、その医薬品の種類は一人の薬剤師では把握できないほど多岐に渡っていて、一つの薬局や病院だけであらゆる薬品を扱うということもありません。
 
 例えば、一般用医薬品のみを主に販売しているドラッグストアで働いているだけでは、医療用医薬品の知識は増えません。その一方で、内科病院の門前薬局では外科や精神科の医薬品を取り扱う機会は無いのです。
 
 このように、薬剤師の扱う医薬品と一口に言っても、職場によって大きな偏りが出ています。薬剤師のキャリアアップではこの偏りをなくして、幅広いスキルを手に入れることが肝要でしょう。

スキルアップにつながる良い転職

 スキルアップいう観点から薬剤師の転職を考えてみた場合、何がキャリアアップにつながる良い転職と言えるのか見えてきます。
 
 ドラッグストア勤務の薬剤師であれば、一般用医薬品の知識は十分なので、次は医療用医薬品を扱える病院内薬剤師や門前薬局の薬剤師などの職種を探すことになるでしょう。
 
 門前薬局の薬剤師であれば、OTC業務のスキルを付けるためにドラッグストア併設の調剤薬局ななども狙えます。また、その門前薬局が何の病院の門前薬局なのかによって選択肢も広がります。耳鼻科であったり、眼科であったり、泌尿器科かもしれませんが、特定の分野に特化した病院であった場合には処方にも偏りが出ているはずです。そのため、別の分野に特化した病院の近くにある門前薬局に勤めることで、扱える薬品の種類に幅がでるようになります。

スキルアップにつながりにくい転職

 では、どういった転職がスキルアップにつながらない転職を言えるのでしょうか。それは、扱う薬品の幅や業務内容にほとんど変化のない職場に転職した場合です。給料が上がったり、休みが増えたりすれば、ある意味では良い転職と言えるかもしれませんが、スキルアップにはつながりません。確かに、以前働いていた職場での経験を生かしているという点は良いのですが、仕事の幅が広がらないと転職先の幅も広がりません。
 
 先々のことを見据えたキャリアアップを考えるなら、似たような職場への転職は控えた方が良いでしょう。
 薬という特殊なものを扱う薬剤師にとって、何の薬を知っているか、扱ったことがあるかが、その薬剤師のスキルに直結します。薬剤師の調剤業務には手先の器用さやコツではなく、幅広い薬の知識が必要なのです。
 
 そのため、慣れているから、よく知っているから、と同じような職場ばかり選んでいるといつまで経っても薬剤師としてのキャリアアップは叶いません。
 
 転職先を考えるときに、今自分がどんな所で働いているのか、どんな知識を持っているのかを踏まえた上で、次の職場を探しましょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!