薬剤師の男女比 男性、女性どちらが多いの

薬剤師は女性が多いってほんと?

 薬剤師はかなり昔から女性が多く活躍している職業です。2012年度の厚生労働省の調査によると、薬剤師の男女構成は男性が33.5%、女性が66.5%という結果が出ています。
 
 近年は男性薬剤師もかなり増えたことから以前ほどその差はなくなったと言われていますが、同じ調査の中で年代別に男女比を見ると、40代、50代の薬剤師の約70%が女性であるという結果ですので男性が劇的に増えているわけではないようです。
 
 1966年(1966年)には「日本女性薬剤師会」も設立され、親睦や情報交換を目的に全国30の都道府県より約13000名の女性薬剤師が所属しているそうです。

薬剤師に女性が多い理由とは? ①薬学の歴史的背景

 女性が多く活躍してきたその背景には、何か特別な理由が存在するのでしょうか?その理由のひとつには薬科大学の歴史にあるかもしれません。
 
 現在の薬学部や薬科大学は共学がごく一般的になっていますが、大正時代から昭和初期にかけては、「女子薬学校」「女子薬学専門学校」などがあり女子に門戸が開かれていたのが薬学でした。
 
 大阪薬科大学の前身は帝国女子薬学専門学校、また、神戸薬科大学の前身は神戸女子薬学専門学校、昭和薬科大学の前身は昭和女子薬学専門学校です。
 
 このように、現在の薬科大学の前身は女性のための学校だったのですね。それまでは、女子学生を受け入れる高等教育機関はなかったため、これらの学校は当時、女子の最上級の教育機関とされていたそうです。
 その頃から、薬剤師は女子の憧れという位置づけだったと言えるかもしれませんね。共学になった現在においても、やはり薬学を学ぶ学生は女子が多いという傾向に変わりはないようです。

薬剤師に女性が多い理由とは? ②働きやすい環境

 薬剤師は、男女の差なくキャリアアップが可能な専門職と言われています。出世や昇給に関して男女が同じ条件であることは、女性にとってはやはり魅力的な職業と言えるでしょう。また、薬剤師は資格を取得してしまえば、年齢を問わずに生かすことができますので、結婚や出産、子育てなど、ライフスタイルに変化が起こりやすい女性でもあっても、復職しやすい環境や、パートとして継続しやすいといったメリットがあるようです。
 
 また、別の角度から男女差を見てみると、大学卒業後の進路の特徴として、女性は、薬局や病院・診療所薬局、男性は製薬会社や大学院をめざす割合が多い傾向があるようです。それぞれが適性を生かしながらさまざまな分野で活躍できることは、女性のみならず男性にとっても魅力のある職業と言えるでしょう。

今後はどんな展開が予想されるの?

 今後は薬剤師の男女比の差がますますなくなっていくのではないかと言われています。そこには大学での学習期間が6年になったことに女性が躊躇する傾向が見られることと、チーム医療が進んでいく中で、調剤以外でより医療の現場に携わる一員としての薬剤師が必要なため、といった理由が考えられます。
 
 どの現場にどちらの性が適しているのかということは一概には言えませんが、医師に近い立場としての薬剤師の地位を望むのは男性が多い傾向があるようです。
 さまざまな背景により女性が多く活躍している薬剤師ですが、男女の性別問わず、薬剤師の仕事は国家資格というものの上になりたつ、無くてはならない大切な職業です。これからはますます多くの場面で活躍の場が増えていってほしいですね。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!