薬剤師でも副業することはできるのか

副業は可能なのか

 薬剤師のみならず、仕事をする上で副業を考えることもあるでしょう。薬剤師の場合、副業することは可能なのでしょうか。薬剤師の場合も正社員であれば、副業に関しては会社員などと同様の扱いになります。副業を行うことによって、本業に支障をきたす恐れもあるとの考えから、副業は就業規則によって禁止されているケースがほとんどです。中には、副業を許されているところもありますが、届け出をするようにしている場合もあります。

管理薬剤師と公務員薬剤師は副業できない

 薬剤師の業界における副業の考え方は、だいたい会社員などと同様ですが、管理薬剤師と公務員薬剤師においては違います。公務員薬剤師は、他の公務員などの職と同様、職務専念義務が課せられているため副業は禁止事項です。一方管理薬剤師とは、薬剤師の中でも管理責任者として業務を行っている者のことで、薬事法によってはっきりと禁じられています。もし、禁止されているのにも関わらず違反をしてしまった場合はどうなるのでしょうか。公務員薬剤師の場合は、勤務している薬局などの就業規則に則った処罰が下ります。管理薬剤師の場合は、営業停止命令が下ったり、個人的な処罰を受けることもあるので注意が必要です。より責任の重い立場に立つことことは、業務に専念する義務があるということですね。

学校薬剤師としての働き方

 管理薬剤師であっても、非常勤の学校薬剤師の業務は兼任が可能です。小学校や中学校などの教育機関では、学校薬剤師の設置が義務付けられています。しかし、学校薬剤師のほとんどが常勤ではないことから、都道府県知事に申請をし、許可を得ることによって管理薬剤師でも兼任できるのです。しかし、管理薬剤師の業務は勤め先の薬剤をしっかり管理することです。学校薬剤師として業務を行う場合で、勤め先に管理薬剤師がいない場合は薬の販売ができない状態になってしまいます。

パートやアルバイトだったら

 正社員においての副業を認めているところは多くはありませんが、パートやアルバイトなどの勤務形態であればその限りではありません。空いた時間を使って、他の職業に挑戦してみるのも良いですし、薬剤師の免許を生かしてドラッグストアでのアルバイトなどでも働くことができます。思ったような求人がない場合は、思い切って転職サイトなどを利用してみると案外高自給で探し出すことも可能です。また、在宅を希望しているのであれば薬剤師の知識を生かしたライター業務も副業の1つとして視野に入れてみるのも良いでしょう。
 薬剤師は、より責任が伴う仕事です。特に管理薬剤師などについては法律的に副業は認められていません。副業を考える前に、本当に副業が必要なのか、本業に支障にならない範囲で副業が可能なのか考えることも大切です。副業をするメリットやデメリットについて深く吟味した上で副業を行いましょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!