医師の転職活動はじめの一歩

転職スケジュールを決める

 まずは転職スケジュールを決めることから始めましょう。 他業種の転職とは異なり、医師の転職は何かとデリケートな問題をはらむことが多いものです。転職先の病院と現在勤めている病院の関係性によっては、円満退職できなかったり、転職後も尾を引くようなトラブルが起こることもあります。円満退職し、新天地で気持ちよく仕事するためには転職スケジュールを立てることが大切です。
 
 また、各病院の人事にはある程度決まった波があります。一般的に病院の求人が多くなるのは9月頃から翌年の2月〜3月頃と言われていますので、こうした波を考慮した上で、転職スケジュールを立てることも大切です。 とはいえ、転職の経験がない場合は、どうスケジュールを立てていいのかわかりませんよね。そんな時は医師向けの転職サービスの力を借りることも必要です。彼らはいわば転職のプロ。一般的には知られていない情報を把握していることも少なくありません。転職スケジュールを立てるなら、こうしたサービスを上手く利用することも視野に入れておくとよいでしょう。

ここは譲れないという転職条件を決める

 転職スケジュールを立てることと同じく大切なのが、転職に際し譲れない条件を決めることです。 転職サイトを覗いてみると、条件の違った魅力的な案件が多数掲載されています。また、知人や先輩など、お世話になった方からの誘いを受けることもあるでしょう。 そんな時、転職の条件が決まっていないと、「これでいいか」と一見条件の良さそうな案件に流されてしまいがちです。その結果、実際に働いてみると、前の病院よりも待遇が悪くなったり、仕事がしづらくなった…なんて事態におちいってしまうこともあります。
 
 医師の転職はデリケートな問題が絡むもの。短期間に何度も転職してしまうと、良からぬ噂が立つこともありますから、簡単に職場を変えることはできません。 数少ない転職の機会を素晴らしいものにするためにも、転職に際してここだけは譲れないという条件を決めておきましょう。

多方面から情報収集を行う

 転職スケジュールや譲れない条件が決まったら、多方面から転職に関する情報収集を行いましょう。 とはいえ、できれば転職することをおおっぴらにするのは避けたいもの。まして、医局に届け出ていない段階で転職の噂が立つと、退職や転職にも影響が出ることも少なくありませんから、情報収集は慎重に行いたいところですよね。
 
 しかし、信頼できる人からの情報であっても、内容が偏っていたり、良い面ばかりが強調されて、あなたに伝わることもあります。こうした危惧もあるため、できるだけ多方面から情報を集めることが大切なのです。
 
 すでに転職したい病院が決まっているなら、インターネットなどで病院に関する情報をチェックすることも大切です。もし可能であれば、希望の病院に勤務している方に話を聞いてみるのもよいでしょう。また、直近の求人情報についてもチェックしておきたいところ。短い期間で何度も同じ内容の求人情報が出ている場合は、内部で何か問題が起こっている場合もありますので注意しましょう。
 「転職しよう」、そう思い立ったなら、ぜひ今回ご紹介したポイントを参考に準備を進めてみてください。転職は一人ではうまくいかないもの。転職サービスや先輩・知人などさまざまな力を借りて、円満退職・円満転職されることを願っています。
実績30年!求人常時1万件、完全無料、専任のプロが的確にサポートします!