語学力を生かした医師としてのキャリアアップ

医師に語学力は必要か?

 近年では、海外勤務を希望しない医師でも語学力、特に英語のコミュニケーション能力が問われるようになりました。これは医師に限ることではなく、医療界全体にいえることでもあります。しかし、特に医師は病状などを患者に説明しなければならない立場にあるため、他の医療関係者より必要性は高くなるでしょう。では、どうして日本国内にいながら語学力が必要なのか?その理由の1つは、国内に多くの外国人が滞在するようになったからです。通常、医師は研究や論文を英語で読み書きしているため、ある程度の英語力があると見られています。しかし、辞書を使用しながらの読み書きは可能でも、英語でのコミュニケーションができない医師が多く、実際の医療現場で外国人と意思疎通ができないケースも少なくありません。今後、ますます国内の外国人の増加が見込まれ、英語力の必要性もこれまで以上になることが予想されます。従って、医師には語学力が必要といえるでしょう。また、語学力が自分の強みとなり、キャリアアップに有利になるとも考えられます。

世界的に見た日本人医師の英語レベル

 前述した通り、多くの医師が英語の論文を読んだり書いたりすることが可能な上、一部の医師は英語での診察も可能です。しかし、その数は他の非英語圏の医師に比べると、驚くほど少ないのが現状です。そして、英語レベルも世界水準からみた場合、かなり低いということが判明しています。開発途上の国でさえ、医師が英語で診察する、できるのが当たり前の国も少なくありません。日本は世界でもトップレベルの医療技術を誇っているにも関わらず、英語レベルでは後進国。日本人医師の英語レベルが低い理由は、基礎学力の欠如をはじめ、医師の国家資格から英語が排除されていることなど、英語力を向上させる環境が整っていないことが挙げられます。加えて、医療英語教育の専門家の不足もあるようです。そのため、英語力がある医師は、そのスキルを生かしてキャリアアップしていくことが可能といえるでしょう。

どんな現場で英語力を生かせるの?

 医療界では英語のニーズが高まっていますが、英語力を持つ医師は圧倒的に不足しています。英語力を生かしたい医師にとってはまさに「売り手市場」。転職にもキャリアアップにも有利な環境です。では、実際にはどんな活躍の場があるのでしょうか?医師としてのスキルとともに語学力を生かせる現場の代表となるのが「製薬会社」です。外国支社とのメールのやり取りをはじめ、外国支社への出張、または、外国支社からの出張者のアテンドなど、英語を生かせる場面は多くあるでしょう。その他には、英語力を生かして海外へ臨床研修や研究留学するのもキャリアアップにつながりますが、日本人医師が臨床研修できる国は限られているため注意が必要です。海外で医師として活動するには、通常、その国の医師免許の取得が義務付けられています。そのため、キャリアという面からみると、必ずしもキャリアアップが望めるとは限りません。政府派遣の海外勤務の場合は、キャリアアップを望んでいるのか、使命感なのかなど、自身の動機をはっきりさせてから応募することをおすすめします。また、英語力を生かして、大学などの教育機関で医療英語の教授にあたるのもキャリアアップにつながるでしょう。
 医師が求められるものは、社会背景とともに変化するようです。以前は英語力がなくても問題なく医師としてキャリアアップすることができましたが、近年では英語力の必要性はかなり高くなっています。そのため、すでに英語力を備えた医師には、転職にもキャリアアップにも生かせる強みとなることでしょう。
実績30年!求人常時1万件、完全無料、専任のプロが的確にサポートします!