40代の看護師が知っておきたいこと

年代別にみた40代とは

 仕事に就きたての20代では、社会を学び、仕事に慣れていきます。そして、30代になると、自分の仕事はもちろん後輩の育成や職場全体を考えた行動が必要とされてきます。さらに40代では、それらの経験を経ているとみなされ、患者さんや職場からは求められることがより増えてきます。
 
 自分が思っている以上に周りから期待されていることもありますから、一度自分を振り返ってみると良いでしょう。また、主任や師長などの役職として活躍している人も多い40代ですが、キャリアアップのために転職という道もあります。長年働いてきて慣れていることも多いですが、新たな道を開くチャンスがあるかもしれません。

40代の看護師が患者さんから求められること

 40代の看護師は、患者さんからもベテランとみなされることが多いです。結婚や妊娠、出産などで一度職を離れていた経緯があっても、年齢から「この年で看護師をしている人は、ベテランにちがいない」と思われがちです。採血や注射などの技術はもちろん、清拭などの身の回りのお世話まで、患者さんが安心して看護を受けられるようなスキルが求められています。そのため、ブランクのある看護師では、新人かそれ以上に努力が必要となってくる場合があるといえます。

40代の看護師が職場で求められること

 一方、職場からも経験が豊富な人材としてみなされることが多いです。ずっと同じ職場で働いてきた経緯があるのなら、頼れる看護師として信頼を寄せられていることも多いといえます。そのため、看護技術はもちろん、先輩として若手のミスやトラブルを未然に防ぐことや、何か起きてしまったときにカバーをしたり、サポートができるといった対応力が求められます。
 
 加えて、直接に若手の育成をまかされることもあります。例えば、メンターなどとして、新人の指導にあたることや、役職や係の一環として教育をしていくこともあります。そのため、40代では現場における仕事だけではなく、教育や職場の管理なども求められるということを知っておくと良いでしょう。

転職を考えている40代が知っておきたいこと

 もしも40代で転職を考えている場合には、それまでの経験をどのように生かしていくか、また新たな道をどのように切り開いていきたいのかをはっきりさせておくと良いでしょう。加えて、面接では人格をよくみられます。なぜなら、40代の看護師は現場の仕事に加え、若手の育成や職場の管理を任されることが多いので、高いコミュニケーション能力が必要となってくるからです。威圧的な態度をとったり、教育が必要な若手を放置するなどして、職場の雰囲気を悪くしそうな人材は採用される可能性が低くなってしまいます。40代の転職では、それまでの知識や経験をアピールすると同時に、教育や管理についても積極的に行っていく姿勢を見せると良いでしょう。
 
 実際に転職する場合には、給与の相場や働きたい条件、環境を明確にし、看護師転職支援会社を活用するとスムーズです。在職中でも転職探しができる上、キャリアアドバイザーに相談することもできるので、なかなか相談できる相手がいない40代の看護師にとって強い味方となりえます。
 40代の看護師は、現場の仕事における看護技術はもちろん、教育や管理といったことも必要とされています。役職や係として働いている人も多い一方で、新たな道を切り開くチャンスがあるかもしれません。転職をする際は看護師転職支援会社を利用することで、自分に合った条件の施設を見つけやすく、悩みを相談できるので活用すると良いでしょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、病院を探します
・完全無料!年収600万円、残業なし、復職 大歓迎!