看護師の転職時、履歴書を書くときのポイント

履歴書を書く前に

 履歴書を書く上でまず注意したいのが、病院側からの指定がない限り、パソコンを使わずに手書きで用意するということです。パソコンを使った文字からは人柄を見ることはできません。特別にきれいな字が書けなくても、丁寧に書くことを心がけましょう。
 
 書こうとしている内容が正しい情報であるかを、書く前にきちんと確かめておきましょう。しかし、書き間違えたからといって修正ペンを使うのは禁物です。間違ってしまったら、新しい用紙に一から書き直すこと。くれぐれも誤字・脱字には気を付けてくださいね。
 
 履歴書に貼る証明写真はもちろん、送付するための封筒まで見られているということを忘れないように、隅々まで気を付けたいものです。

転職別注意ポイントは

 転職する方にも初めて・数回の経験あり・ブランク明けの方とさまざまです。いずれの場合でも、これまでの勤務先だけでなく、所属していた科や異動の有無や看護師以外の医療関係の資格・スキルなど、書けることはすべて職歴・自己PR欄を使って書きましょう。
 
 転職経験の多い方は、「またすぐに辞めるのではないか」と採用担当者に不利な印象を与えてしまいがちですが、さまざまな勤務先を見てきたことによって得たものを書くことによって、ポジティブなイメージに変えてしまうことも可能です。
 
 ブランク明けの方は、なぜブランクがあるのか、看護師としての仕事をしていない間にどのようなことをしていたのか、なぜ復職を決めたのかなどをはっきりと書いておきましょう。

志望動機は重要

 志望動機は、どうしてその医療機関で働きたいのかという情熱をアピールする場所で、履歴書の中でも重要とされるポイントです。
 
 どこかで拾ってきた、よくありがちなフレーズをそのまま丸写しするのではなく、自分の言葉で書くことが大切です。本当に自分の希望にあった病院であるのか、その病院についてよく調べた上で、うまくまとめながら書きましょう。志望動機がどんなに完璧と思っていても、その医療機関の雰囲気や方針と合っていない、または探している人材とは違うという理由で、採用には至らないこともあります。
 たくさんの応募者が集まる医療機関では、書類選考があるのが通常です。採用への第一歩である書類選考を突破するには、魅力のある内容に仕上げて差をつけるしかありません。どの欄もびっしりと詰めて書く必要はありませんが、趣味・特技などに空欄を作らないよう、何か一言でも書いておくとよいでしょう。また、履歴書に書いていることと面接での応答に矛盾のないよう、書いた内容をしっかりと頭に入れておくことも忘れないようにしておきましょうね。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、病院を探します
・完全無料!年収600万円、残業なし、復職 大歓迎!