看護師が転職の際に知っておきたいハローワークの特徴

ハローワークってどんなところ

 ハローワークとは、公共職業安定所のことで、職業を探している人に求人を紹介したり、就職する際の指導や、雇用保険の手続きなどを行っているところです。厚生労働省が管轄をしており、全国の都道府県や地域ごとに設置されています。
 
 職業を探す際には、無料で利用できるので、手軽に求人を探すことができて便利です。そのため、看護師の再就職の際に、利用している人も少なくありません。
 
 ハローワークには、求人検索システムがあるので、どのような場所で、どのような求人があるのか、またどのような雇用形態なのかを知ることができます。

ハローワークを利用するメリットって?

 看護師の就職では、転職支援会社や病院説明会などを利用する人もいますが、ハローワークを利用することによるメリットはいろいろあります。
 
 まず、ハローワークでは、転職支援会社などで取り扱っていない病院や施設、クリニックなどの求人情報を掲載していることがあります。なぜなら、ハローワークでは地域の向上に努めているため、転職支援会社では把握することが難しい開業医の病院やクリニックなども紹介しているからです。また、全国の求人情報を見ることができるので、地域を変えて転職先を探している方が利用するにも便利です。
 
 加えて、ハローワーク内で検索した情報は印刷して持ち帰ることができるので、あとでじっくり考えるという人にも適しています。就職先について家族と相談したいような場合には便利です。
 
 一方、ハローワークは一度退職をしてから職を探すという人にとって、雇用保険の手続きをする場所でもあります。一定の条件を満たしていることで、失業手当を受けることができるので、退職後は手続きに行きましょう。転職活動中に一定の条件つきで失業保険の給付を受けられます。そして、ハローワークでは面接や履歴書の書き方などを指導してくれるというメリットもあります。気になる求人があった場合には、ハローワークの職員に相談することで、いろいろとサポートが受けられます。手軽に専門の相談員に相談できるという点もハローワークのメリットのひとつです。

ハローワークのデメリットとは?

 しかし、どのようなことにもメリットがあれば、デメリットもあります。ハローワークの場合では、求人検索の際に看護師ならではの条件で検索ができないという点が挙げられます。ハローワークにおける求人検索では、ある程度のカテゴリーや地域、給与、勤務形態などを絞ることはできます。しかし、例えば「夜勤専従」や「外来のみ」、「三交代制」などのような看護師に特有の条件は指定することができません。なぜなら、ハローワークには看護師以外にも幅広い職業の紹介をしているため、看護師ばかりに特化はできないからです。そのため、このような条件がある人は、求人情報をひとつずつ見ていく必要があります。
 
 また、ハローワークは行政のサービスであり、朝から夕方までしかあいていません。そのため、看護師にとって働きながらハローワークに通うというのは、難しい場合があります。例えば、日勤ではハローワークに行けないので、夜勤明けや休みの日に行くしかありません。そのため、自分が利用したいときに利用できない可能性があるという意味では、デメリットといえます。
 このようにハローワークは、看護師の就職活動においてメリットとデメリットのある公的機関です。看護師として転職する場合には、これらの特徴をよく知った上で、転職支援会社や病院説明会などとあわせて活用すると良いでしょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、病院を探します
・完全無料!年収600万円、残業なし、復職 大歓迎!