看護師が円満退社のための5つのポイント

事前に過去の事例のリサーチをしておこう

 看護師は、担当患者や病棟などの状況によって「退職したいと」思ってもすぐに退職できるわけではありません。人手不足の看護師の世界では、退職の意思を伝えても強い引き止めに合うことは避けられないでしょう。そこで、しこりを残さずにスムーズに退職するために、事前に先輩たちの退職方法をリサーチしておきましょう。同じ職場で退職した先輩に話を聞くのが望ましいですが、難しい場合は転職経験者に経験談を聞いたり、過去の職場の状況を調べるなどして、スムーズに退職できる方法を探ってみましょう。

退職交渉は相談ベースで臨むことが大切

 円満退職のためには早めに退職の意思を伝える必要があります。労働基準法では退職の意思を示してから退職できるまでの最低期間は2週間と決まっていますが、看護師の場合、最低でも1~2ヶ月前には伝えるようにした方がよいでしょう。また、就業規定で退職までの期間が決まっている場合もあるので事前に確認しておきましょう。
 
 退職の意思は、まずは直属の上司(看護師長など)に伝えます。その際、いきなり「辞めます」と切り出すのではなく、「ご相談があるのですが」と相談ベースで話を持っていくことがポイントです。

上司が引き止めにくい退職理由を用意する

 看護師の円満退職を成功させる鍵は、退職理由にあると言っても過言ではありません。ポイントは、上司が引き止めにく退職理由を準備することです。また、本音は語らず建前で通すのが基本ですが、嘘は避けましょう。
 
 上司が引き止めにくい退職理由には次のようなものがあります。
 
 1.健康上の理由
 2.家庭の事情(親の介護や夫の都合など)
 
 看護師の場合、個人のステップアップを理由にすると、「ここでもできる」と引き止めに合うケースも多いようです。ストレートに「違う科目に行きたい」と伝えて成功したという例もありますが、ステップアップを理由にする場合は、職場の状況を事前に調べるなどして慎重に動く方がよいでしょう。

引き止めにあったらどうする?

 退職の交渉は強い意志を持って臨みましょう。看護師は人手不足のところが多いので、条件を譲歩されたり、「あと何ヶ月だけ」と先延ばしされるなど、慰留されることは必至です。もし、引き止めにあっても、中途半端に退職を先延ばしにしたり退職を引き下げたりせず、最後まで貫き通すことが大切です。
 
 しかし、意地になると角が立ってしまうので、誠意を持ってていねいに理由を説明し、納得してもらうしかありません。また、交渉が長期化するとうやむやにされてしまう可能性もあるため、期限を切って交渉するようにした方がよいでしょう。

引き継ぎは抜けがないよう慎重に

 退職が決まったら、引き継ぎや手続きなど退職に向けての準備を始めます。引き継ぎのスケジュールは、予定した退職日に間に合うように余裕を持って進めるようにしましょう。退職までに十分な引き継ぎができていないと、新しい職場での心象に影響することもあるので注意が必要です。自分が担当していた仕事を細かい部分までリストアップし、引き継ぎのフローや引き継ぎのための資料を作成するとよいでしょう。
 
 また、源泉徴収票や雇用保険被保険者証など、退職時に受け取る必要のある書類などは、事前にチェックが必要です。
 転職をスムーズに進めるためにも、円満退職は欠かせません。直属の上司や同僚の理解をいかに得られるかがポイントとなります。トラブルを避けるためにも、事前の準備をしっかりと行い、前向きで強い意志を持って退職交渉に臨むようにしましょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、病院を探します
・完全無料!年収600万円、残業なし、復職 大歓迎!