希望の施設が決まっている看護師の転職方法のまとめ

気になる施設はいろいろなところに

 看護師が今の勤め先よりも気になる病院を見つけるチャンスは、いろいろなところにあります。例えば、友人を通してクチコミ情報を得ることや、近くを通りがかった際に気になる病院を見つけることも少なくありません。そういったきっかけから転職活動を始めるというのも転職チャンスのひとつです。
 
 「良さそうな病院だな」「気になるな」という場合には、積極的に情報を得るようにしましょう。公開されている情報とあわせて、自分で感じ取った印象も大切に。

気になる施設をみつけたら

 もしも、気になる施設ですぐに仕事に就きたいなと考えている場合には、直接問い合わせてみると良いでしょう。病院やクリニックでは、ほとんどの施設が電話番号を公開していますから、電話で求人を募集していないか聞いてみると良いです。小さなクリニックなどでは欠員でなければ募集していないところもありますが、看護師が不足している施設などでは応募が可能なこともあります。
 
 ただし、直接問い合わせてみるという方法では、その施設の情報を得ることが難しくなってしまいます。例えば、給与や勤務形態、休日や福利厚生などをすべて電話で聞くことはできません。また、雰囲気や仕事内容についても電話で聞くことは難しいでしょう。
 
 このようなときに便利なのが、看護師転職支援会社です。看護師転職支援会社と取り引きをしている施設であれば、就職に至るまでさまざまなサポートが受けられます。例えば、気になる施設の求人情報や給与、勤務形態をはじめ、休日の取りやすさや残業時間の有無などの情報を知ることができます。また、面接時に聞かれる質問を教えてくれることもあります。そのため、気になる施設をみつけた場合には、看護師転職支援会社に登録してその旨を伝えてみるのもひとつです。

本当にその施設で良いか最終チェック

 看護師転職支援会社を利用することによって、キャリアアドバイザーからのカウンセリングを受けることもできます。今の勤め先を辞めて気になる施設で働こうと考えている際の悩みを相談してくれることや、専門的なアドバイスを聞くことができるので、活用すると良いでしょう。
 
 また、転職しようとしている施設についての希望がある場合には、気になっている施設よりも良い施設を紹介してくれるかもしれません。例えば、「今の勤め先では体力的にきついので、気になるあの施設に転職したい」と希望していた場合、キャリアアドバイザーから「そのような悩みでしたら、その施設よりも良い施設がありますよ」と紹介してくれるかもしれません。また、「体力的にきつい」という悩みに対して、専門的なアドバイスをしてくれることもあります。
 
 せっかく転職するのであれば、自分に合った施設を選びたいものです。看護師転職支援会社を利用することによって、自分ひとりで悩まずに一緒に解決方法を探してくれます。転職先が本当にその施設で良いのか、決めるのは最終的に自分自身です。しかし、その結論に至るまで、専門的なアドバイスを得ていくことも必要です。
 
 ただし看護師転職支援会社を利用していない施設の場合、支援会社を通すことで施設側に負担がかかることから応募できないこともあるので注意してください。
 希望する施設が決まっているというのは、目標がはっきりしているため転職活動も比較的スムーズに進めることができます。希望先の情報を積極的に収集し、自分の抱いた印象に合っているのか確認しましょう。場合によっては看護師転職支援会社なども上手く活用しましょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、病院を探します
・完全無料!年収600万円、残業なし、復職 大歓迎!