看護師としてのキャリアアップを考えるべき3つのタイミング

看護師の「キャリアアップ」とは?

 看護師がキャリアアップを考えるとき、転職や資格取得、大学進学、海外留学などの道があります。もちろん大切な要素ではありますが、それらはキャリアアップの1つのステップに過ぎません。実際には、看護を通して「人として成長するプロセス」こそが、看護師のキャリアといえるではないでしょうか。女性の場合、結婚・出産・育児はキャリアの障害になると考えられがちですが、それら人生の節目となる時期は、看護師としてのキャリアアップを考えるべきときといえるでしょう。また、人として成長できる大きなチャンスでもあります。もちろん、すべての看護師が結婚・出産・育児を体験するわけではありません。しかし、どんな人生を歩んだとしても、看護師としてのキャリアアップを考えるべきタイミングは「人生の節目」。自身のターニングポイントとなる時期に、将来を見据えたキャリアプランをじっくり考えましょう。

タイミング1「結婚」 

 長期的なキャリアプランを立てていれば、結婚したからキャリアダウンになるという考えは持たなくなるでしょう。反対に、これから先の看護師としてのキャリアをじっくり考える機会として捉えることができるはず。女性に限らず、男性看護師にとっても結婚はキャリアアップを考えるべきときです。その理由は、将来的なことを考えての収入アップ。子どもができれば奥さんは一時的に仕事から離れなければなりませんので、一家の大黒柱としてキャリアアップを考えるべきでしょう。

タイミング2「妊娠・出産」

 女性看護師の場合、妊娠・出産で仕事から離れなければならない時期が生ずることがありますが、結婚したときにキャリアプランを修正していれば想定内ということになります。離職期間に資格取得の勉強を始めるなど、この期間を有効的に活用しましょう。また、自身の妊娠・出産から産婦人科への興味が深まり、キャリアチェンジを通してキャリアアップする道が開かれるかもしれません。忙しい業務から離れているこの期間は、将来を見据えたキャリアアップを考えるべき大切なときです。

タイミング3「育児」

 看護師と育児の両立は大変さも伴いますが、生活にハリが出て充実した日々を過ごせるときです。バリバリと働くことはできないかもしれませんが、キャリアアップの充電期間と捉え、仕事と育児の両立を目指しましょう。「配偶者の理解や仕事」「子どもの成長」「自分のやりたいこと」とのバランスを保つことが大切です。子どもの手が離れたときに、看護師としてどのようにキャリアアップしていくのかをじっくりと考えるべき時期で、また、そのための準備を始める時期でもあります。
 看護師のキャリアアップは、ライフプランと切り離すことができない生涯プラン。長期的なプランを立て、その時々で修正を重ね、看護師としての「真のキャリア」をゆっくりじっくり積み上げることが大切です。また、日々の生活の中で、キャリアアップを考えるきっかけに出会うかもしれません。そのときも先々の節目を考慮し、無理のないプラン修正を心がけるようにしましょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、病院を探します
・完全無料!年収600万円、残業なし、復職 大歓迎!