11月23日
顔の色が、黄色っぽいかチェックしよう

顔色が、やや黄色っぽい場合は、肝臓が弱っていることもありますが、胃腸が弱っているケースが多いです。胃腸で栄養をしっかり吸収できないために、全身が貧血気味になるんですね。貧血気味になると、血液の赤い色は薄くなってしまいますから、皮膚の色も、黄色っぽくなるわけです。皮膚の色で、内臓のサインも捉えるようにしてくださいね。

前へ

バックナンバー

2005年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。