12月3日
味覚を取り戻すために、亜鉛を摂ろう

私達の舌には、「味蕾(みらい)」と呼ばれる、味のセンサーがあります。このセンサーが味を感知して、甘味や苦味、うま味などを感じているんですね。でもこのセンサーの新陳代謝に必要な「亜鉛(あえん)」が不足すると、味覚を感じることができなくなってしまいます。新鮮な牡蠣(カキ)などを食べて、亜鉛不足を補うことが大切ですよ!

前へ

バックナンバー

2005年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。