12月27日
スパイスに、山椒(さんしょう)を加えよう

うなぎの蒲焼に、必ずと言っていいほどついている「山椒(さんしょう)」。これは、胃腸の調子を良くしてくれる香辛料のひとつなんです。もちろん、うなぎをおいしくいただくスパイスとして使うと言う意味もあるのですが、脂っこさや生臭さを消しながら、胃腸に負担をかけない、という意味もあるんですね。今まで避けていた方も、うなぎを食べるときには、少し使ってみてくださいね!

前へ

バックナンバー

2005年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。