1月9日
目が識別しやすい色を、うまく利用しよう

目には、識別しやすい色と、識別しにくい色があります。それは、色の波長の長さで決まってくるんです。その中でも、「赤、黄、青」は色の波長が長く、非常に見分けやすい。だから、信号の色もこの3つが利用されているんですね!ちなみに注意を促したい「赤」が、最も波長が長く識別しやすい色と言えます。だから、迷子になりやすいお子さんには、赤色の服を着せてあげるといいですね。

前へ

バックナンバー

2006年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。