1月21日
お酒をほどよく飲んで、カラダを温めよう

よくお酒を飲みすぎるといけない!といわれますが、ほどよく飲む分には、むしろ健康維持に大いに役立ちます。少量のお酒がカラダの中に入ると、胃液の分泌を盛んにして、血行をグングン良くすることができます!これは、糖質の一種であるアルコールが、すぐに燃焼されるからなんですね。食欲がないときに、少し食前にお酒を飲むと、食欲がわくのはそのためでなんです!さらには、神経の緊張をフワ〜とほぐしてくれます。また、血流で身体がポカポカしてきますから、寒い夜にはピッタリですね!自分の体質を超えない程度に、適量を楽しんでみてくださいね!

前へ

バックナンバー

2006年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。