1月27日
爪先が横に広がっているか、チェックしよう

爪シリーズ!第4弾です!爪の先が押しつぶされたように横に広がっている…そのような場合は、心臓が弱っているサインであることが多いです。心臓や呼吸器に異常があると、血液循環が悪くなってしまい、カラダの末端に異常が出やすいんですね。そのために、爪の先だけが横に広がってしまい、このような「バチ爪」というと形になりやすいと言われています。血圧が高かったり、コレステロールの数値が高い方は、心臓に負担がかかりやすいために、こういったサインが出やすいですよ。ご家族みんなでチェックをしてみてくださいね!

前へ

バックナンバー

2006年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。