2月14日
顔色が白っぽいか、チェックしよう

顔シリーズ第3弾です!顔の色が白っぽい方は、呼吸器が弱っていますよ、というサインを表していることが多いです。よく「皮膚呼吸」と言われるように、皮膚もゆっくりと呼吸をしています。「皮膚」も呼吸器の一部としての役割があるんですね。だから、肺や気管が弱っている方は、皮膚まで弱々しくなり、メラニン色素をつくる力もなくなってきます。そして、顔色が青白くなりやすいんですね。さらに貧血傾向の方も、血液の色素が少なくないために、白くなる傾向があります。自分の体質を知るには、まず顔色をみていくということが、とても大切なのですよ。

前へ

バックナンバー

2006年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。