2月24日
目のレンズを、キレイにしてあげよう

最近、近くをみたり、遠くをみたりすると、ぼやけてしまう…このように、歳を重ねるたびに、見えにくくなっている方もいらっしゃるはずです。そのような方は、目のレンズが少しずつ濁り始めている可能性があります。目の中には、たんぱく質でできている大きなレンズがあるのですが、血液がドロドロに濁れば、そのレンズまで少しずつ濁りだしてしまうんです。そして、それが進むと「白内障」という大きい症状につながってしまうんですね。ですから、血液がドロドロにならないように、今から生活習慣を正していくことが、目を守っていく上でとても大切なのですよ!

前へ

バックナンバー

2006年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。