3月30日
夕食にそばを食べて、腸を活発にしよう

朝のお通じがどうも良くない…どうも腸が動いていないような…そのように感じることはありませんか?そのような状態が続く時には、夕食に「そば」を食べてみてください!そばは、食物繊維が非常に豊富!だから、1食あたり5gも含まれており、腸を活発にすると言われています。私たちが1日に必要な食物繊維の量は、20g。普通に食事をしていて摂れる食物繊維の量は、15g!!つまり、ちょうど足りない5gをうまく摂取できるのが、そばなんです!ただ、そばを食べて腸に届くまでに、およそ5〜6時間かかるといわれています。ですから、夕食にそばを食べるようにすると、翌朝のお通じは、スッキリしやすいですよ!朝のお通じが良くない方は、ぜひお試しくださいね!

前へ

バックナンバー

2006年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。