4月11日
鼻呼吸を忘れずに、意識しよう

最近、口呼吸をされている方が、非常に多いですね。鼻が詰まりやすく、どうしても口ばかりで呼吸されている方も増えてきています。でも、これが生活の当たり前になってしまうと、体の免疫に異常がおきやすくなります。鼻には、バイ菌が体の中に侵入させないためのフィルターがついていて、そこで空気をキレイに浄化してから体内に酸素を取り込んでいます。でも、口で呼吸をしてしまうということは、そのフィルターを通さずに、直接バイ菌やウイルスが体内に侵入してきますから、内臓に直接負担をかけてしまうんですね。ですから、それに合わせて、免疫にも狂いがで起きやすくなる…ということなんです。皆さんも、普段から少し鼻呼吸する事を意識してみてくださいね!

前へ

バックナンバー

2006年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。