4月15日
生の玉ねぎを食べて、血糖値を下げよう

玉ねぎには糖の代謝を良くしてくれる辛み成分、硫化プロピルが含まれています。でも、この成分は玉ねぎを細かく切り刻んだり、15分以上経ってしまうと成分が変化してしまうんですね。ですから、玉ねぎの繊維は壊さないように「縦切り」にする。生で食べる場合は、切って15分以内に摂取する事を心がけると、血糖値を下げやすくする成分を最大限に活用しやすくなりますよ!ぜひ、お試しくださいね。。

前へ

バックナンバー

2006年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。