4月20日
イワシのウロコは、他の魚よりとれやすい

イワシは、漢字で「魚」に「弱い」と書くように、他の魚にすぐに食べられてしまう魚です。そのため、防衛手段として、群れを作ったり、仲間と固まって生活をしています。でも、いざという時には、敵を撹乱させるために、イワシの体についたウロコをポロポロはがして散らばせます!その隙にササッと敵から逃げ切るわけですね。ですから、私たちがイワシを料理する時、他の魚よりもウロコが取れやすく、とてもカンタンに調理することができるんです。小魚だからこそカルシウムもいっぱい取れますし、ぜひ夕食に積極的に活用されるといいですよ!

前へ

バックナンバー

2006年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。