4月24日
扁桃腺(へんとうせん)を、大切にしよう

風邪をひいたり、体調をくずしたりすると、のどが腫れてしまうお子さんも多いですよね。一見何の役割をしているのかわかりにくい「扁桃腺(へんとうせん)」。実はカラダには無くてはならない大切は役割があります。私たちが呼吸をしたときに、バイ菌が体内に侵入するのを防ぐ働きがあるんです。バイ菌やウイルスがたくさんやってきたときに、ここにたくさんの兵隊を集めて、対抗します。その時に、兵隊が集まるように血液を一気に流し込みますから、炎症が起こってのどが腫れてしまうんですね。でも、カラダを守っている大切なところですから、むやみに手術で切除せずに、守っていく事が大切ですね!

前へ

バックナンバー

2006年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。