5月16日
お子さんへの口移しは、控えよう

小さなお子さんへ、食べたものを口移しなどしていませんか?実はそれが原因で、お子さんが虫歯や歯周病になるケースがあるんです。歯周病とは、お口の中が悪玉菌でいっぱいになって、お子さんの歯茎が腫れたり、出血しやすかったりしてしまう症状です。年齢に関わらず、お子さんでも歯周病にはなります。特に小さなお子さんは、まだ免疫がしっかりしておらず、このような悪玉菌に負けて感染しやすいんですね。ですから、まだ悪玉菌が住み着いていないお子さんのお口の中に、お母さんの悪玉菌をなるべく入れないようにすることは大切なんですよ!

前へ

バックナンバー

2006年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。