5月20日
かつおのタタキの、皮を焼く理由を知ろう

皆さん!なぜカツオの皮を焼いた、「かつおのタタキ」が多いかご存知ですか?実は、春のカツオは、皮をあぶったほうが軟らかくなり、おいしくなるからです。カツオは春と秋が旬ですが、春のカツオは脂が少なく、身が堅い状態です。そのため、秋と比べてどうしても味が落ちてしまう…そこで、皮をサッとあぶってあげるだけで、身がフワ〜と緩んでくるために、軟らかく、生臭みの少ない味に変わるんです!「カツオのたたき」は、季節を越えておいしく食べる、知恵だったんですね!

前へ

バックナンバー

2006年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。