5月22日
指が長いのは、サルの名残と知っておこう

人間の手の指は、親指をのぞいて、ス〜ッと上に長く伸びていますよね!これは、サルの名残りで、サルが木の枝にぶら下がるために使われていたために、長く発達していったといわれています。逆に「親指」は、人間が二本足で歩くようになって、手で物をつかむようになってから、強く頑丈な形になりました。足の親指の場合も、二本足で歩くと体重がかかってしまうために、大きくなったと言われています。

前へ

バックナンバー

2006年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。