6月20日
顔色が青いときは、注意しよう

皮膚が青っぽく見えるのは、血液が汚れているサインです!ドロドロの血液は、皮膚の色を通してみると、青っぽく見えます。粘膜の場合は、非常に薄いために青さが際立って紫色に見えるんですね。特に、肝臓の機能が弱ってくると、このサインは出やすいです。血液をキレイにすることができず、黒ずんできたり、ドロドロと流れが悪くなって詰まりやすくなります。それが大きな影響につながる前に、顔色のサインを読み取って、睡眠や生活習慣に注意をしていきましょうね。

前へ

バックナンバー

2006年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。