7月3日
細胞が酸素を取り入れる仕組みを知ろう

栄養や酸素は、糸のように細い「毛細血管」を通じて、細胞に届けられます。この時、どのようにして、細胞と毛細血管で、酸素と二酸化炭素が交換されるかご存知ですか?気体には、濃度の高いところから、低いところへ移動していくという性質があります。この性質をうまく利用して、酸素と二酸化炭素の交換がうまく行われるのです。「酸素」は、濃度が高い血液から、濃度の薄い細胞へ。二酸化炭素は、濃度が高い細胞から、濃度の薄い血液へ。このように流れていく事で、私達の体は、うまく働きつづけていくことができるのですね!

前へ

バックナンバー

2006年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。