7月28日
カルシウム不足と水の関係を知ろう

ヨーロッパの水と、日本の水…水質が違うのをご存知でしたか?ヨーロッパの水は「硬水」といって、カルシウムやマグネシウムを多く含む水です。一方、日本の水はカルシウムを多く含んではいないのです。日本は火山国で酸性土壌であるために、農作物も水もカルシウムが少ない状況にあります。だから、私たちはヨーロッパと同じ食生活をしていると、カルシウム不足を起こしまう…栄養のバランスが崩してしまうんです。例えば、ヨーロッパ産のトマトは、日本産のトマトに比べて、カルシウムが20倍多いといわれています。そのため、ヨーロッパの方は、肉やタマゴなど…酸性食品を食べ続けても栄養のバランスを保つことができるんですね。でも日本では、最近、海藻や青野菜などのアルカリ食品を摂らなくなったために、この水質の違いのバランスを補完できずにいます。私たちの健康と水、実は深い関係があったのですね。

前へ

バックナンバー

2006年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。