7月30日
塩をひとつまみ入れて、水分吸収を高めよう

毎日暑くなると、冷たい水をゴクゴク飲みますよね!でも、水分をたくさん摂り続けていると、血液がドンドン薄くなってしまう…そして、水分調節に必要な「塩分」までもが薄くなってしまいます。そうなると、今まで当たり前に体内に吸収することができた水分も、カラダに取り込むことができなくなってきますね。特に、夏は汗をたくさんかきますから、それでは脱水症状になりかねません。そこで!!運動をした後に飲む「水」に、塩をひとつまみだけ、ちょこっと入れてみてください!すると、水分の吸収が高まり、汗で失われた塩分も補われやすくなります。これからの季節、脱水症状には、くれぐれもお気をつけくださいね!

前へ

バックナンバー

2006年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。