9月27日
イカすみは、自分の残影を残すためと知ろう

イカが敵にスミを吹きかけるのは、皆さんご存知ですね!でも、実は、イカ墨はめくらましのためだけではありません!!イカの分身を造って、敵をそこに引きつけるためなんです。イカの墨は、ピュッーと出されたときは、「小さなかたまり」になっています。そして、そのかたまりが、何かにぶつかったり、衝撃が加わる事で、初めて大きく広がっていくものなんですね。しかも、そのかたまりが、イカの形にそっくり!!つまり自分の身代わりのイカを作り出し、そこに敵を引き寄せて、ぶつかったところで周りを見えなくする…そして、その間に逃げる!ことを目的に、イカ墨はあるのです。多くの魚は、視覚よりも嗅覚で判断をしていることが多いのですが、目の前にドーンと真っ黒なイカが現れれば、そこに向かっていくしかありませんね。私たちの利用法としては、イカスミスパを食べて、食事をしてから便が出るまでの時間を計って体調を確かめることもできますね。

前へ

バックナンバー

2006年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。