10月8日
生の野菜は、ゆでてから冷凍しよう

いつでも食物繊維を摂りたい!と生のまま野菜を冷凍してしまった経験はありませんか?すると、解凍した時にベチョベチョになってしまったはずです…。これには野菜特有の細胞のつくりが関係しています。野菜に含まれている水分は、冷凍をすると氷の結晶へと変身して、その結晶はゴツゴツとした角を作っているために、うす〜い細胞膜をカンタンに突き破ってしまいます。そして、溶かした時には、野菜の水分がダラ〜ッと外に溢れてしまうのです…ですから、ゆでて細胞の組織を壊してから凍らせると、このような問題はなくなります!ちなみに、肉や魚には細胞膜がないので、これは野菜特有の現象だと覚えておいてくださいね!

前へ

バックナンバー

2006年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。