10月19日
竹の皮で、小豆をやわらかく煮よう

小豆にはサポニンという成分がふくまれており、コレステロールを下げるのに役立つといわれています。特に煮汁に多く入るので、お汁粉のように煮汁も一緒に摂るのがいいそうです。さて、料理をするときに、大豆はよく水にしばらく浸してから煮ますが、小豆は水に浸してから煮なくてもかまいません。これは小豆にデンプンを多く含んでおり、水をよく吸収するためです。そして、小豆を早く煮るには、「竹の皮」を一緒に入れるのがお勧め!!竹の皮のアルカリ性成分が、小豆の細胞の組織を柔らかくするはたらきがありからです!!小豆を煮るときは活用してみましょう。

前へ

バックナンバー

2006年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。