11月24日
歯茎の出血は、胃腸の粘膜に注意しよう

あなたは歯茎から出血しやすい!というサインがでていませんか?歯茎から出血する原因としては、歯肉炎、歯槽膿漏が主です。ただ、その他に糖尿病や胃腸の弱りも考えられます。胃腸の粘膜が弱いと、栄養分をしっかり吸収できないので、全身の毛細血管が弱まります。アザが残りやすい…すぐにアザができる…そのような方も血管を強くしていくことが大切です。口の中を清潔に保つとともに、バランスのよい食生活を心がけましょう。

前へ

バックナンバー

2006年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。